2007年01月04日

魂の断片

 最初に人の死に接したのは、祖母が亡くなったときだった。
 火葬の直前、最後の別れをすることができた。
 棺の中の祖母を見たとき、初めて「命」というものが分かった気がする。

 あれは、理屈で分かるものではなく、厳然としてそこに存在するもの。空気を通し、皮膚で感じるもの。

 人は死んだとき、生きている誰かに、何かを残していくのだと思う。祖母は私に、「命とはなにか」を教えてくれた。

 前に見たテレビドラマで、こんな台詞があった。

 「気持ちが重いのはな、死んだ人の魂が生きている人に残されるからだよ。」
 「天国へ行くんじゃないのか?」
 「大方はな。だけど、一部は、生きている人達に分けられるんだ。」

   NHKドラマ「のんのんばあとオレ」(※記憶に頼っているので、台詞の正確性は保証できません。)


・・・納得。

 今ある自分の行動は、周りの人の影響が(相当)入っている。好き、嫌いに関わらず。他の人の存在によって、自分の魂はどんどん変質していく。それは、他の人の魂が一部混ざり合っているのだろう、と思う。
 同様に、自分の魂も、一部は他の人の中に入り込んでいるはずで、自分がそうであるように、他人の行動の中にも、自分の影響が入っていくだろう。

 それは、「思い出」などという生易しいものではなく、もっと根幹部分に、傷をつけること。互いの“存在”を、互いに“刻み付けあう”・・・生きるというのは、そういうことなのだろうと思う。

 それはかなり、きついこと。

 でも、人が成長する過程では、必ず“傷”が付く。傷つくことなしに、成長はできない。痛い傷もあれば、心地よい傷もある。(それは傷とは呼ばないか・・・。)

 「ヒト」という種が、社会性動物として生き残る道を選んだときから、人はそういう宿命を負ってしまったのだろう。何か大きなものに属すると安心するという性も、そこに起因する本能なのだと思う。

 さて、私が“傷”をつけた周りの人の魂は、その傷によって形を変える。
 その人の魂も、他の人に刻み付けられる。
 そのとき、他の人への“刻まれ方”には、私のつけた“傷”の影響が、どこかしら残っているに違いない。
 そういう私の魂の影響は、私から離れるほどに別の人の魂によって希釈されるけど、きっと「人間社会」の中で、薄まりながら、残っていくのだろう。

 そんなわけで、自分にとって、“魂”は既に永遠に残っているものであって、生まれ変わりとかは、特に必要なかったりするのです。

 それだけに、「死んだ人の分まで生きる」というのは、死んだ人の魂の断片を抱えた自分が、その人の魂を他の人に繋ぐために大事なこと。

 「人を殺してはいけない」というのは、その人の中にある無数の魂を消してはいけない、ということ。

 生きることに理由や意味は必要なくて、生きていること自体に、価値がある。その存在そのものに、価値がある。

 ストイックになる必要は無いけれど、自分なりに一生懸命生きていれば、それだけ多くの人に刻まれる。いや、多くの人でなくても、少数の人であっても、深く刻まれる。

 そんなふうに、思うのです。
posted by 海風 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値/世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。