2007年01月05日

似非科学がしぶといのは・・・

世の人達が

科学的な説明より、納得できる説明を望んでいる

からじゃないかと思う。

納得できさえすればよいのだから、説明してくれるのは別に神様でも何でもよいはずだけど、そこに「科学」の看板を持ってこようとするのは、それだけ人々の科学への信頼が厚いということなんだろう。

それ自体は悪いことではないと思うのだけれど、それが似非科学を蔓延させる素地になっているのは、複雑な感じ。


あと、「使っている用語の定義が明確かどうか。」にさえ気をつければ、大抵の似非科学は見破れるのではないかと思う。
posted by 海風 at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにより結論ありきで数値(事実)を軽視する科学は胡散臭いですね。
似非科学は、ある理由で私も毛嫌いしてます。撲滅すべきとまでは思わないけど。あれのカモになっている思想・宗教団体はけっこうあると思う。親和性が高いから。
Posted by わたりとり at 2007年01月31日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。